単身の引越し料金は基本的にそれほど高くありませんが、それでも5万円~10万円ほどの費用になってしまうことは珍しくありません。もっとも、月一で引っ越しをするような状況はまずありえないことで、人生において1回程度しか経験をしないことも多いことを踏まえると、「コストパフォーマンス」の点ではけっして低いわけではないと言えます。もし、少しでも安く抑えたいと思っているのであれば、そのために適切な方法を選択して判断していくことが必要です。具体的な方法についてはさまざまな考え方ができるものの、「まずはこれを覚えておいた方が良い」と言われている基礎知識だけでも覚えておくと、判断をするうえで非常に役立ちます。では、以下で2つのポイントについて説明していきます。

単身引越しの料金を抑えるポイント

引越し業者に依頼する際、単身者用のパックなどを利用することになります。荷物の量によっても多少の差が出ますが、安ければ4万円程度で済ませることもできます。どれくらいかかるのかを知るためには相場を調べるのが普通ですが、この相場は季節によっても差がありますので注意が必要です。平均すると5千円から1万5千円ほどの差が出ますので、出費の重なる引越し時にはかなり気になります。自分で自由に時期を設定することができるのなら、繁忙期を避けて行うことで安く済ませられます。この業界の繁忙期は2月から4月だと言われており、この時期には転勤や入学などで移動する人がたくさんいますので、料金が高くなるだけではなく、希望の日や時間帯を設定することができないケースも多いようです。

単身引越しなら「業者を使わない」と料金が安く済む

引っ越しをするためには、必ずしも引っ越し業者を利用しなければいけないというわけではありません。移動する距離が北海道~沖縄のような極端な状況であれば必須と言っても良いでしょうが、東京23区内の引っ越しや東京~さいたま間の引っ越し程度であれば、業者を利用せずにすべて自分で行うことも十分に可能です。ただ、性別や体力的な問題は十分に配慮することが大切です。自分で引っ越し作業をすべて担当する場合、車があればそれを使って荷物を運搬することができますが、車がないもしくは十分な大きさがない場合には「レンタカー」という選択肢があります。数日程度レンタルする場合でも1~2万円ほどで済ませられることも多く、他に一切費用を掛けない状況で済ませることができればずいぶん安くできます。

会社移転は是非実績のある弊社へご依頼ください。 女性の方の引越を得意にし、きめ細かなサービスを提供します。 引越お見積りは24時間HPにて自動お見積り対応可能です。 お荷物・距離で計算しますのお安くご案内できます。 自社便・自社スタッフを採用しております。人材教育に力を入れている事。 引越実績は10年になります。単身引越において多くの実績を持つ弊社を是非ご利用ください。 単身の引越し料金はこちらをご参照ください