ファミリータイプの場合と比べると単身者の引越しは費用的に安くなりますし、手間も少なくなる傾向にあります。しかし、不動産屋との諸手続きや業者の手配、公共料金の契約など、やらなければならないことは基本的には同じくらいありますので、きちんとやることのリストを作って順序を決めておかないと、後々更に面倒なことになります。何らかの手配ミスなどが起こると仕事を休んで対処しなければならないようなことも発生しますし、思わぬところに余分に料金が発生することもありますので気をつけなければなりません。万が一費用面での不足が発生すると急きょ用意しなければなりませんので、お金が足りないなどということがないように事前にきちんと計算して用意しておくことも大切です。

季節ごとで異なる相場をチェック

引越し料金を決定する条件とは、「時期」「荷物量」「距離」により決まります。時期とは繁忙期かそうでないかということになりますが、転勤辞令や新生活を始める人が多い3月から4月のはじめにかけて最大の繁忙期となり、この時期は他の時期と比べて高額の価格設定となります。3月、4月ほどではないにしても、大型連休中や三連休は高額な傾向があり、業者にもよりますが平日と週末で価格差がある場合も珍しくありません。荷物量は運び出す荷物の量ですが、これによりトラックの大きさや作業をするスタッフの数が決まるため量が多いほど、大きな荷物が多いほど金額が高くなります。そして距離は、トラックが移動する際のガソリンの実費代や、移動にかかる従業員の拘束時間が長くなるため価格が高くなります。

少しでも安く済ませたいためのコツ

少しでも安く済ませたいなら、移動の日を平日にしたり時間もあえて指定をせずに空いている時間で良いことを告げると少し下げてくれることがあります。人気があるのは午前中なのですが、これはその日のうちに大体のことを済ませてスッキリしたいと考える人が多いためであり、忙しい時期などは早めに予約を入れないと午前中は埋まってしまうという時期があるようです。また、単身者の場合には荷物が少ないことも多いのですが、ほとんどなければ宅急便を使って荷物を送ってしまうというのも一つの方法です。大型家具を用意しなければならない場合、引越し先で購入すればわざわざ送る手間も省けます。ワンルーム程度の部屋なら入る荷物も限られてきますので、宅急便でも十分に間に合うケースが多いようです。