単身引越しをしようと考えたとき、まず料金がどのぐらいかかるのか気になるところではないでしょうか。今はインターネットを検索すれば大抵のことは知ることができます。しかしながら引越し料金はその人の条件を組み合わせ、いわばカスタマイズされた形ではじき出されるため、いくらインターネットを検索したところで自分の場合はいくらという正確な金額を知ることはできません。ただし、相場を知ることはできます。そのためにはどのような計算で金額がはじき出されるのか、その条件にはどのようなものがあるのかを知ることで相場を知り、そして可能な範囲で価格を抑えることができるのです。では、その価格を決定する条件とはどのようなものなのでしょうか。具体的に見ていきたいと思います。

価格をはじきだす条件は「時期」「荷物量」「距離」

業者を利用して単身引っ越しを依頼する場合の料金は、状況によっても違いますが5~10万円前後が相場です。ごく近場の引っ越しならば3万円程度で請け負ってもらえる場合もあります。単純に言ってしまえば、「距離が伸びるほど、荷物が多くなるほど費用は高くなる」わけですが、ポイントは「引っ越し業者を占有する時間と人数」です。引っ越し業者を利用する場合、作業中はスタッフを借りている状態になります。言い換えれば、スタッフにお金を支払って時間雇用している状態であり、その時間に応じて報酬を支払う必要があるということです。そのため、スタッフを占有する時間が長くなればなるほど、多くのスタッフを占有するほど報酬が高くなります。逆に、少人数かつ短時間で済ませられれば費用は安く済みます。

単身の相場価格と安く抑える方法

時期、荷物量、距離で価格計算がされるため、家族の多いファミリータイプの方が荷物量も倍増するためおのずと高額な値段が出ます。単身の場合は一人分の荷物ということで小型のトラックと最低限のスタッフ数で搬入出を行うことができるため、荷物量としては最も安い部類で計算されることが多いです。というわけで、平均的な荷物量の人の相場価格としては、繁忙期の場合は平均で3万5千円ほどと言われています。距離が15km以内の近場の場合は2万5千円ぐらいから、距離が500km以上ならば8万円ほどかかります。繁忙期以外の通常期では、平均2万7千円程度で、近距離だと2万円から、遠距離で5万5千円程度です。単身引越しの場合は実際あまり価格差がないように思われますが、繁忙期を避けることで多い場合は数万円単位で価格を抑えることができます。