単身で生活をしていると、他の家族に気を遣うことがないため、引越しの頻度が多くなりがちです。ちょっと収入が下がりそうだから家賃の低いマンションに住み替えようと思うこともあるのではないでしょうか?また、同じ場所に何年も住んでいると飽きるという理由で住まいを変えていく人もいます。そうなると、毎回の住み替えにお金をかけたくないのが本音になってくるでしょう。大手の業者に依頼すると、一人暮らしの荷物でも5万円以上の料金がかかることもあります。アフターサービスや手間を考慮すると、お金をかけるのも間違いとは言い切れませんが、どうせならお得に済ませたいものです。一人暮らしならではの、節約テクニックをいくつかご紹介します。きっと次の住み替えの時に役に立つでしょう。

軽トラック配送便による業者を利用する

まずは、最も基本的な選択肢となる「業者に依頼をする」という方法についてです。この方法は、老若男女問わず選択することができて、利用者本人にはほとんど負担がかからない点が最大の魅力です。ただし、自身が労力や時間といったコストを負担する必要が少ないということは、その代わりに引っ越し業者に対してお金を支払わなければいけないということです。そのため、自分でやる場合と比べると非常に大きな費用が発生する可能性が高くなり、その傾向は規模が大きくなればなるほど顕著になっていきます。そこで、引っ越し業者を利用する場合は「基本的な料金設定が低い」という点において比較検討を行い、その業者を利用するという方法が効果的です。その際、「利用者の声」などを参考にするとさらに効果的です。

さらに体力がある方、知人に手伝って貰える方は

単身引越しの究極的な手段として、レンタカーの利用があります。2トントラックを借りるのも良いですし、トラックの運転に不慣れな方はワンボックス車を借りることもできます。最初から業者を利用しなければ費用は自動車代だけになります。一日借りても1万円ほどで済むでしょう。しかしこの方法は非常に手間がかかりますし、ベッドや冷蔵庫なども全て自らの手で運ぶことになります。よほど力の強い男性でない限りは難しいでしょう。知人などに手伝いを依頼できれば難易度は下がりますが、節約の効果を実感するにはかなり報酬を絞らなくてはならないでしょう。単身での引越しは、自分でどれだけ運ぶかで料金が変わってきます。業者に依頼する良さもありますので、お財布の状況と相談して決めるのが良いですね。